米ボーイング、次世代機開発へ「日本が格好の場所」

2019/1/15 18:25
保存
共有
印刷
その他

米ボーイングは15日、経済産業省と航空機の技術協力などで合意したと発表した。三菱重工業東レ、GSユアサなどとも協力し、電動化や複合材などの新技術開発を急ぐ。日本勢は次世代航空機開発への関与を深め、航空機市場での事業拡大に弾みをつける。

同日、東京都千代田区の経産省でボーイングのグレッグ・ハイスロップ最高技術責任者(CTO)と同省の磯崎仁彦副大臣が技術協力で合意した。記者会見したハイスロップCTOは「航空業界の将来を形づくるうえで、パートナーを探すのに日本以外に格好の場所はない」と述べた。

航空機の電動化、軽量化につながる炭素繊維の複合材、生産の自動化など主に3分野で日本企業と連携を強化する。ボーイングは協業パートナーに将来の航空機に関する戦略や中長期構想などの情報を提供し、技術の実用化でも協力する。

経産省もボーイングと日本企業や大学、研究機関との関係強化を支援する。次世代航空機の技術で潜在力の高い電機・精密メーカーを紹介したり、有望技術の開発を補助金で支えたりする。磯崎副大臣は「日本の電動化技術などの先端技術が活躍するのを楽しみにしている」と語った。

第1弾の日本勢のパートナーも決めた。電動化分野においては電池でGSユアサ、小型モーターでシンフォニアテクノロジーと多摩川精機(長野県飯田市)、超電導モーターで九州大と産業技術総合研究所と組む。航空機向けに炭素繊維の複合材を提供する東レとは次世代航空機に向けた新材料開発で協力する。生産の自動化では三菱重工、川崎重工業SUBARUと連携する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]