米アマゾン 配達員がシャッター開け荷物置く仕組み

2019/1/15 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ラスベガス=藤野逸郎】米アマゾン・ドット・コムは通販利用者の不在を想定し、配達を効率化するサービス・製品を発表した。ひとつは、配達員が利用者宅のシャッターを開けて荷物を置いていく仕組み。もうひとつは、配達員と再配達の相談ができる音声機能付き「のぞき窓」だ。いずれもスマートフォン(スマホ)を活用する。

アマゾンは米国の技術・家電見本市「CES」でサービス「キー・フォー・ガレージ」を発表した。家主…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]