/

この記事は会員限定です

ノーベル賞級発見を効率的に、狙う細胞を自動選別

NextTech2030

[有料会員限定]

バイオ燃料や新薬などの開発に向けて、最適な細胞や微生物を探す研究が注目されている。東京大学は人工知能(AI)や超高速カメラを使い、従来の数千倍の速さで適した細胞などを選び出す技術の開発に取り組む。2030年には企業や大学、病院に量産機が普及する可能性がある。

東大本郷キャンパス(東京・文京)の研究棟。地下の実験室には数メートル角の基盤上に細胞を映すモニター、つまみが付いた計器、多くの機械をつないだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1843文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン