/

韓国国防省「日本から証拠示されず」 レーダー照射問題で

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国国防省の報道官は15日、海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーを照射された問題をめぐり日韓防衛当局がシンガポールで14日開いた実務者協議で、日本側からレーダー照射を裏付ける証拠は示されなかったと語った。

報道官は「日本がデータの一部を公開するから我々の軍艦レーダー情報全体を公開するよう要求した」と説明。「非常に無礼な要求で、問題解決の意志がみえない無理な主張だ」と不満をあらわにした。

日本側が公開の意志を示した一部のデータが何かについては「確認が必要だが、我々が求めているのは日本が照射を受けたと主張している韓国艦艇の火器管制レーダーの周波数の公開だ」と強調した。

哨戒機が「低空飛行で威嚇した」とする韓国側の主張については、「日本側は否定しているが、我々の乗員が脅威を感じる雰囲気だったという部分については一部納得する部分があった」と語った。

14日の実務者協議は互いの認識の隔たりが埋まらずに終わった。協議は続けるが、次回の日程は決まっていない。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン