2019年6月26日(水)

大型からバイク、多様な「空飛ぶ車」に淘汰の予感
IT Globe 小池良次(ITジャーナリスト)

コラム(テクノロジー)
2019/1/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「空飛ぶクルマ」や「空飛ぶバイク」など、今年のCESでは都市航空交通システム(UAM:アーバン・エアー・モビリティー)の展示が目を引いた。特に、米ヘリコプター製造大手ベル・ヘリコプター・テキストロン(以下ベル)が展示した実物大の電動航空機「ベルネクサス」の展示は圧巻。欧米の関連企業はUAMの商業化に力をいれており、2025年ごろの商業運行を目指して激しい競争を繰り広げている。

■ベルネクサスの巨体

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報