北方領土「日本の法的立場は変わらず」官房長官

2019/1/15 11:30
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は15日の閣議後の記者会見で、ロシアのラブロフ外相が14日の河野太郎外相との会談で北方領土はロシアに主権があると主張したことについて「政府の法的立場に変わりはない」と述べた。日本政府は旧ソ連が日本のポツダム宣言受諾後に北方四島を不法占拠した状態が続いているとの立場だ。外相会談に関しては「真剣な協議をしたと報告を受けている」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]