2019年2月22日(金)

トランプ氏、与党議員の政府再開案を拒否

トランプ政権
北米
2019/1/15 6:22
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=鳳山太成】米政府機関の一部閉鎖が続く問題で、トランプ米大統領は14日、政府機関をまず短期間再開したうえで予算を交渉する与党・共和党議員の提案を拒否したことを明らかにした。「国境の壁」建設費の予算計上が認められるまで妥協しない姿勢を改めて示した。政府閉鎖は24日目に入ったが、与野党が歩み寄る兆しはなお乏しい。

トランプ氏は記者団に共和党のグラム上院議員の提案に関し「興味がない。(交渉を)ただ遅らせることはしたくない」と述べた。大統領に近いグラム氏は13日、政府を3週間限定で再開し、野党・民主党との協議が不調に終われば「非常事態」を宣言して壁建設を進める案をトランプ氏に持ちかけたと明かしていた。

議会承認を得ずに壁建設費を現行の政府予算から手当てする非常事態宣言は「考えていない。する必要がないだろう」と指摘し、当面は民主党との協議に集中する考えを表明した。与野党協議が膠着状態に陥っていることを受け、非常事態宣言で壁建設を強行する考えに一時は傾いていた。憲法違反の恐れがあるため、政府・与党内から反対意見も出ている。

一方、壁建設に反対する民主党も強硬姿勢を貫いている。14日にはツイッター上でトランプ氏が「(政府閉鎖は)民主党に責任がある」と投稿すると、民主のペロシ下院議長は「共和党が『トランプ閉鎖』を始めた。民主党は終わらせるために取り組んでいる」と応酬した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報