米ボーイング、次世代航空機を日本企業と共同開発

2019/1/15 2:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ボーイングが今年から、次世代航空機の開発で三菱重工業やGSユアサなど日本企業と協力する。電動化や生産自動化などが対象分野で、経済産業省とも協定を結んで企業や大学、研究機関からパートナーを発掘する。日本勢としては次世代航空機の開発への関わりを深めることで、航空機産業の基盤を強化する。

ボーイングは電動化、軽量化につながる炭素繊維の複合材の開発、生産の自動化と、主に3分野で日本企業と連携を強化する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]