伊藤忠、中国中信とファンド データ需要投資呼び込む

2019/1/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事は資本提携している複合企業、中国中信集団(CITIC)と今春、中国のデータセンター向け投資ファンドを設ける。投資家から数千億円の資金を募りたい考え。中国ではデータ通信量が膨大に増えており、データ分析・管理用のサーバーを稼働させるデータセンターが不足している。ファンド創設を契機に中国でデータセンター関連事業を広げる。

両社は14日、私募投資ファンドをシンガポールに設立することで合意した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]