2019年5月21日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

けがしても休めぬ 稀勢の里追い詰めた使命感

(1/2ページ)
2019/1/16 11:30
保存
共有
印刷
その他

大相撲の横綱稀勢の里が引退を決断した。2017年1月の初場所で悲願の初優勝を果たして横綱に昇進、翌3月の春場所もけがを抱えながら22年ぶりの新横綱優勝を飾った。新時代の扉が開いたかにみえたが、そこから8場所連続休場するなど2年間で成績は急降下した。引退に追い込まれた背景には何があったのだろうか。

【関連記事】稀勢の里が引退会見 「土俵人生、一片の悔い無し」

成績が低迷した一番の要因は、言うまでもなく左大胸筋と左上腕のけがだった。全勝で迎えた17年春場所13日目。横綱日馬富士に鋭く潜り込まれて土俵下に落とされ、左胸付近を押さえながら動けなくなった。それでも14日目と千秋楽を強行出場、千秋楽は左腕が使えないなか、本割と優勝決定戦で大関照ノ富士を下して、奇跡ともいえる逆転優勝を飾った。けがを押して出場した本場所の相撲は、左腕をほとんど使っておらず、故障を悪化させたようには見えなかった。となると、その後の対応で狂いが生じたように思える。

17年春場所13日目、稀勢の里は土俵下に落ち、左胸付近を押さえながら動けなくなった

17年春場所13日目、稀勢の里は土俵下に落ち、左胸付近を押さえながら動けなくなった

けが直後の4月の春巡業こそ全休したものの、5月の夏場所は出場を決めた。そこから本場所に出ては途中休場を繰り返す、負の連鎖が始まった。数多くのけがを乗り越えて38歳まで現役を続けた元大関魁皇の浅香山親方は「けがは(力士にとって)つきもので、みんなすること。けがとどう向き合うかでその先の人生が変わる」と指摘したうえで、こう続ける。「稀勢の里は徹底してけがを治し、稽古をしっかりできるようになってから本場所に出るべきだった。試す場もないまま本場所に出たように見えたし、結局場所に出ても中途半端に終わった。横綱だから番付も落ちない。半年くらい堂々と休めばよかった」

稀勢の里が横綱に昇進するまでの15年間で休場はわずか1日だけ。大きなけがと向き合う経験値は乏しかった。かつて腸捻転を患ったときには、水も食事もとれないなか、入院先の病院から本土俵に立ち続けたこともある。稀勢の里の頭の中に、そもそも休場の選択肢がなかった可能性もある。また、けがの直後は稀勢の里フィーバーが巻き起こっており、横綱昇進披露宴も5月の夏場所前に盛大に行われた。稀勢の里も「(ファンに)巡業で見せられなかった分、本場所でいい姿を見せたい」と語っていた。休むに休めない状況で、本場所に出場しながら治す考えだったのかもしれない。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

鶴竜(右)が隠岐の海を寄り切る(20日、両国国技館)=共同

 大相撲夏場所9日目(20日・両国国技館)一人横綱の鶴竜は平幕隠岐の海を危なげなく寄り切って連敗を免れ、1敗を守って勝ち越した。大関復帰を目指す関脇栃ノ心は、大関貴景勝の右膝負傷による今場所2度目の休 …続き (20日 19:13)

(西) (東)
翔鵬0―0千丸
佐海3―3石浦
照強0―0志摩
矢後1―0千翔
栃煌0―0炎鵬
徳勝3―1輝 
阿武1―0琴恵
朝山0―1正代
明生0―1松鳳
友風1―0宝富
嘉風2―0錦木
玉鷲5―4妙義
千大1―5北富
琴奨 …続き (20日 18:09)

(勝)       (負)
炎 鵬 はたき込み 豊ノ島
佐田海 寄り切り  千代翔
照 強 送り掛け  千代丸
石 浦 下手投げ  矢 後
大翔鵬 押し出し  志摩海
琴恵光 押し出し  栃煌山
松鳳山 小手投げ  …続き (20日 18:08)

ハイライト・スポーツ

[PR]