スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

進退かかる稀勢、左封じられ黒星発進 大相撲初場所

2019/1/13 22:53
保存
共有
印刷
その他

横綱昇進後に数々の苦杯をなめてきた再現VTRを見るように、稀勢の里はまたもや頼みの左を封じ込まれた。

稀勢の里(左)が押し出しで御嶽海に敗れる

稀勢の里(左)が押し出しで御嶽海に敗れる

踏み込んだ立ち合いは悪くなかった。が、そこからの攻めは見透かされていた。「左を差させないようにした? そこだけ意識してやった」と御嶽海は脇を固めて右からおっつけた。左を強引にねじ込もうとする横綱に対し、御嶽海は頭をつけて徹底して絞り上げる。

稀勢の里は窮屈な体勢を強いられた上に腰高に。左がダメなら右で打開したかったが、相手の左を抱えるばかりで攻め手が乏しい。さらに左を巻き替えられた。まだ土俵際ではなく体勢を立て直す好機でもあったが、ここで見せたのが窮余の突き落とし。結果的に相手を呼び込んでしまい、あっけなく押し出された。

先場所は横綱として87年ぶりとなる初日から4連敗、横綱審議委員会に「激励」を決議された。「チャンスを下さい」と並々ならぬ覚悟で進退をかけたが、負けるべくして負ける最悪のスタート。昨年9月の秋場所千秋楽から続く連敗(不戦敗除く)は6に伸び、貴乃花の1999年のワースト記録(49年夏場所以降)の7に迫る不名誉な数字となった。

横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)が「場所を全うできるのか不安になる」と指摘したように、このまま黒星が並べば、最高位として近く決断を迫られるだろう。支度部屋で何度も首をひねった稀勢の里だが、気力は衰えていない様子だった。「ここからという気持ちか? うん、そうだね」とうなずいた。(金子英介)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲で昭和の大横綱大鵬(故人)の孫で元関脇貴闘力の四男、埼玉栄高3年の納谷幸成(18)が16日、さいたま市の同高で大嶽部屋への入門を表明し「一生懸命努力して、ゆっくりでもいいので関取を目指して頑張 …続き (17日 20:49)

 13日に静岡県伊豆市で予定されていた大相撲秋巡業が、台風19号の影響で中止されることが12日、決まった。主催者が発表した。
 日本相撲協会広報部によると、巡業が原則的に屋内開催となった1995年以降、 …続き (12日 12:54)

貴ノ富士関=共同

 日本相撲協会は11日、付け人力士に暴力行為などを起こした十両貴ノ富士関(22)=本名上山剛、栃木県出身、千賀ノ浦部屋=の現役引退を発表した。同日提出の引退届を受理。自主引退を促した同協会に対して現役 …続き (11日 20:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]