/

この記事は会員限定です

NISA、海外転勤でも利用可 出国5年まで非課税

[有料会員限定]

金融庁は少額投資非課税制度(NISA)を使いやすくする。会社員が海外転勤などで一時的に出国する場合でも、最長5年間まで株式などを持てるよう制度を見直す。海外赴任する会社員がNISA口座で金融商品を持っている場合、非課税の恩恵を受けられなかった。グローバル化が進む企業活動に沿った制度に直し、個人の資産形成を支援する。

4月に制度を見直す。年120万円までの投資で株式や投資信託の売却益や配当金が5年間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン