2019年4月25日(木)
速報 > おくやみ > 記事

市原悦子さんが死去 俳優「家政婦は見た!」

2019/1/13 19:01 (2019/1/13 20:16更新)
保存
共有
印刷
その他

人気テレビドラマシリーズ「家政婦は見た!」の主役や、テレビアニメ「まんが日本昔ばなし」のナレーションで知られる女優の市原悦子(いちはら・えつこ、本名=塩見悦子=しおみ・えつこ)さんが1月12日午後1時31分、心不全のため東京都内の病院で死去した。82歳だった。連絡先は所属事務所のワンダー・プロダクション。告別式は1月18日午前11時から東京・青山葬儀所。

市原悦子さん(2007年1月)

2016年11月に体調不良のため入院。自己免疫性脊髄炎と診断され、本格的な復帰を目指して治療していたが、18年12月に盲腸で入院。一度退院したものの、今年1月になって体調を崩して再び入院していた。

千葉県出身。養成所を経て俳優座に入団、児童劇「りこうなお嫁さん」でデビュー。歌や踊りもこなす演技力で注目され、新劇新人推賞などを受賞。活躍の場を舞台からテレビや映画に広げた。

1975年に始まったまんが日本昔ばなしのナレーションを俳優の常田富士男氏と2人で約20年務めたほか、家政婦が事件解決に奔走する「家政婦は見た!」の主役を好演した。映画「金閣寺」「うなぎ」にも出演。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報