2019年1月23日(水)

韓国首相「日本は謙虚に」 歴史問題巡り

政治
朝鮮半島
2019/1/12 23:14
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】韓国の李洛淵首相は12日、ソウルにある日本の植民地支配に抵抗した独立運動家の墓地を訪れ、「日本による侵略の傷は少なくとも被害当事者の心にはまだ残っている。そうした事実の前に日本は謙虚であるべきだ」と述べた。

一方、李氏は「日本が指導国家にふさわしい尊敬と信頼をアジアの国々から受けることも願っている」とも強調した。首相室が発言内容を発表した。

日韓関係では文在寅大統領も10日の年頭記者会見で元徴用工問題を巡り「日本政府はもう少し謙虚な立場を持たねばならない」と指摘。日本政府はこれに反発し、非難の応酬が続いている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報