/

この記事は会員限定です

米政府閉鎖、生活・経済に影 住宅購入やIPOに遅れ

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則、伴百江】米政府機関の一部閉鎖が過去最長にまで長引き、国民生活や企業活動、金融市場への影響が広がってきた。住宅ローンや洪水保険の設定が滞り、購入希望者が契約を完了できなくなっている。企業活動では新規株式公開(IPO)やM&A(合併・買収)の承認手続きに遅れが生じ始めた。政治の機能不全が景気に影を落としかねない事態になりつつある。

「政府閉鎖は米住宅市場の状況をさらに悪化さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン