/

この記事は会員限定です

首都圏の私鉄乗客、3年連続最多 座れる通勤特急快走

[有料会員限定]

首都圏の大手私鉄9社合計の乗客数が2018年度に3年連続で過去最多を更新しそうだ。前年度から2%増え、延べ約80億人に達する見通し。雇用環境の改善を背景に通勤客の利用が伸びているほか、インバウンド(訪日客)の増加も追い風だ。混雑対策として追加料金を払って座れる通勤特急を増発するなど、新たな商機を生んでいる。

9社は東京地下鉄(東京メトロ)、東京急行電鉄東武鉄道小田急電鉄京王電鉄、西武鉄道、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り441文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン