2019年1月23日(水)

統括会社から非開示報酬10億円 ゴーン元会長

ゴーン退場
社会
2019/1/12 1:30
保存
共有
印刷
その他

日産自動車のカルロス・ゴーン元会長(64)が、日産と三菱自動車がオランダに設立した統括会社「日産・三菱B・V」(NMBV)から約10億円の報酬を受けていたことが11日、関係者の話で分かった。日産と三菱自の連結対象外のため、この報酬は開示されていない。

日産は不透明な報酬として問題視しており、10日に開いた取締役会で報告した。

NMBVは、日産と三菱自の提携効果の創出などを目的に2社が折半出資して2017年6月に設立された。ゴーン元会長のほか、日産の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)や三菱自の益子修会長兼CEOも取締役を務めるが、関係者によると西川氏と益子氏は報酬を受け取っていなかったという。

ゴーン元会長の18年3月期の開示された報酬額は日産から7億3500万円、三菱自から2億2700万円で、ルノーからも17年に約9億円を受け取っていた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報