2019年1月19日(土)

竹内製作所3~11月期 連結純利益19%増

自動車・機械
北関東・信越
2019/1/11 22:00
保存
共有
印刷
その他

小型建機の竹内製作所が11日発表した2018年3~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比19%増の94億円だった。新製品の投入に加えて、主力の欧米で販売が伸びたことから、売上高が18%増の878億円となった。北米では15%増の420億円、欧州では27%増の425億円だった。

18年1月にクローラーローダー、18年3月にはミニショベルの新製品を発売したことが売上高を押し上げた。台数ベースでは米国で前年同期比20%増、欧州で18%増といずれも大きく伸びた。

19年2月期通期の業績見通しは「第3四半期は計画対比で上振れたものの上方修正するほどではない」(経営管理部)として、純利益は6%増の101億円に据え置いた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報