2019年3月21日(木)

ラグビー

天理大初優勝か、明大22年ぶりVか 大学ラグビー

2019/1/11 20:30
保存
共有
印刷
その他

天理大は初の大学日本一を目指す=共同

天理大は初の大学日本一を目指す=共同

ラグビーの全国大学選手権決勝は12日、東京・秩父宮ラグビー場で行われる。関西リーグ覇者の天理大は初優勝、関東対抗戦3位の明大は22年ぶりの戴冠を懸けて戦う。帝京大の連覇は9年で終了。空いた王座に座るのはどちらか。

天理大は2日の準決勝で帝京大に完勝。約10キロ重い相手FWを圧倒するスクラムは衝撃的だった。島根主将は「決勝もまずはスクラムがカギ。低さとFW8人の固まりはどこにも負けない」。地力のある明大スクラムを崩せるか。「あとは接点の攻防」と小松監督。1対1の肉弾戦や、タックル後の密集戦も焦点とみる。

明大は22年ぶりの戴冠を狙う=共同

明大は22年ぶりの戴冠を狙う=共同

明大には春と夏の練習試合で連勝した。故平尾誠二氏が在籍した1984年度の同志社大以来となる関西勢の優勝は、手が届く位置にある。

明大は準決勝で早大に辛勝。相次ぐミスから失点したが、守備は本来、もろくない。日本人選手の才能で勝るだけに、相手のトンガ人留学生3人にどう備えるか。井上副将は「今年は外国人に負けない体づくりをしてきた」と胸を張る。田中監督はファンから応援の手紙が続々届いていると明かし、「皆さんの期待に応えたい」と伝統校復活を誓った。

(谷口誠)

保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビーの世界最高峰リーグ、スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズの参戦契約が2020年シーズンで切れた後、継続できるか不透明になっている問題をめぐり、オーストラリアン紙(電子版)が20 …続き (20日 19:34)

ジョセフHCはこの先、チームを二手に分けて強化を進める

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開幕(9月20日)まであと半年。日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は、2月から進めている国内合宿の充実に自信を深めつつ、本番のカギは精神面 …続き (20日 5:00)

 岩手県釜石市を拠点にするラグビーチーム「釜石シーウェイブス」が、プロモーションの旗振り役となる人材の公募を始めた。高い専門性を持つ人材を募るため、兼業限定とする。釜石市も開催都市の一つとなるワールド …続き (19日 12:57)

ハイライト・スポーツ

[PR]