2019年1月22日(火)

千葉県内12月景況感 3カ月連続改善 民間調べ

南関東・静岡
2019/1/11 22:00
保存
共有
印刷
その他

帝国データバンク千葉支店がまとめた12月の千葉県内の景気動向指数(DI)は前月比0.4ポイント高い48.9で、3カ月連続で改善した。景気判断の境目となる50は11カ月連続で下回った。同支店は「人手不足や仕入れコストの上昇に加え、消費税率引き上げに伴う景気の減速を懸念する声が多い」としている。

前月と比較可能な9業種のうち、卸売り、運輸・倉庫、サービスの3つが改善した。中でもサービスは7.5ポイント上昇の56.6で2カ月ぶりに50を上回った。悪化したのは金融、建設、不動産、製造、小売りの5業種だった。

景気DIは県内企業に現在の景気を「非常に悪い」から「非常によい」の7段階から選んでもらい、数値化した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報