2019年1月22日(火)

2018年の埼玉県内倒産、361件 負債総額は9割増

南関東・静岡
2019/1/11 22:00
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチ埼玉支店がまとめた2018年の埼玉県内の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は前年と同数の361件だった。過去10年間では3番目に少ない倒産件数だったが、負債総額は9割増で前年を大幅に上回った。負債額10億円以上の大型倒産が前年より3件多い9件あり、全体を押し上げた。

負債総額は808億8200万円。建設業のエム・テックが負債額253億円で、最大の大型倒産だった。業種別ではサービス業が88件で最も多く、次いで建設業(86件)、製造業(58件)が続いた。

集計基準の異なる帝国データバンク大宮支店によると、県内18年の倒産件数は348件。負債総額は約4割増の554億8500万円だった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報