/

この記事は会員限定です

観光、地域活性化の起爆剤に 世界遺産・新顔でにぎわう

平成から未来へ(5)=おわり

[有料会員限定]

経済成長の有望分野として期待が高まる観光業。昨年の訪日外国人(インバウンド)は3000万人を突破、各地が地域活性化の起爆剤として観光資源の掘り起こしに躍起になっている。かつて団体旅行頼みだった北関東の観光業はバブル崩壊にもがき、個人旅行への対応に苦慮した。インバウンドや脱日帰り、宿泊増に向けた取り組みは待ったなしだ。

元号が平成に変わった当時、北関東の観光業は1987年に施行された総合保養地域整備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン