神奈川県内の11病院、20年代に建て替え計画

2019/1/11 21:47
保存
共有
印刷
その他

浜銀総合研究所(横浜市)は11日、神奈川県内の病院(100床以上)で、2020年代に少なくとも11病院が建て替えを計画しているとの調査結果をまとめた。1960~80年代に整備した施設が老朽化し、耐震化を進める必要にも迫られているという。市街地では建設コストの高騰や用地不足も課題になっており、「計画的な準備が必要」だと提言した。

聞き取り調査などを通じて、建て替えの計画や対応策をまとめた。病院の建物は開業後30~40年で建て替えの時期を迎えるという。15~19年の5年間では少なくとも13病院4000床以上が建て替えられる見通しで、20年代に入るとさらに11病院4500床が立て替えを予定する。

浜銀総研は「今後、計画が具体化する病院などを考慮すれば、20年代の病院建て替えはさらに増えそうだ」(清水徹副主任研究員)とみる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]