2019年5月26日(日)

年末年始の松本城来場者 前年比8.5%増

2019/1/11 22:00
保存
共有
印刷
その他

長野県松本市は11日、市内にある文化・観光施設の年末年始の利用状況を発表した。松本城の来場者数が前のシーズンに比べて8.5%増となるなど文化施設は好調だった。天皇誕生日が連休となったことで利用者が増加した。ただ雪不足の影響を受けたスキー場は不振だった。

調査期間は2018年12月22日~2019年1月3日。松本城の来場者数は2万4758人で、前のシーズンより2000人近く増えた。松本市美術館の来場者は同34.4%増となった。2018年の「草間弥生特別展」の開催以降、知名度が向上し、外国人観光客も目立ったという。

一方、スキー場は「Mt.乗鞍スノーリゾート」が1万1121人で、前シーズン比33.2%減となった。また「野麦峠スキー場」は35.3%減となり、文化施設とは明暗が分かれた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報