/

この記事は会員限定です

路面電車 軌道乗る 「人呼ぶインフラ」再評価

(更新) [有料会員限定]

市街地の道路上に敷いた軌道を走る路面電車が復権しつつある。モータリゼーションが進んだ昭和の時代に「邪魔者」扱いを受けて廃止が相次いだが、平成の終盤になり、街中に人を呼び込むインフラとして再評価されたからだ。全国にある19事業者の2017年度の乗客数は12年度に比べて5%増えた。各地の動きを追った。

国土交通省の資料や事業者への聞き取りをもとに、12~17年度の乗客数の増減率を調べた。増えたのは17...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン