/

この記事は会員限定です

サブカルで町に活力 万協製薬社長の松浦信男さん

(ストーリー 中部発)

[有料会員限定]

オタクで何が悪い。経営する会社の本社工場内にフィギュアの博物館を開設し、コスプレイベント「おたコス」も仕掛けた。三重県多気町の観光まちづくりを、若者に的を絞ったサブカルチャー路線でけん引する。

フィギュア博物館を開設

2014年開設の「万協(ばんきょう)フィギュア博物館」には、3万体以上のフィギュアが並ぶ。自宅の専用倉庫に所蔵していたが、テレビ番組で紹介されて反響を呼んだ。「だったら博物館を作って公開しよう」ということに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン