2019年4月22日(月)

金沢市、2工業団地を計3割拡張

2019/1/14 4:00
保存
共有
印刷
その他

金沢市は市内にある2つの工業団地を拡張する。新たに約21ヘクタールの用地を整備し、合計面積は3割増える見通し。堅調な景気を背景とした企業の工場や研究拠点などの設備投資の高まりに対応し、今後3~4年以内での分譲開始を目指す。

11日、金沢市企業立地等促進委員会の委員長で、地域経済学を専門とする金沢大学の佐無田光教授が山野之義市長に工業団地の整備内容を答申した。

打木地区にある安原異業種工業団地を新たに18.3ヘクタール、中屋地区にあるいなほ工業団地を2.3ヘクタール広げる。整備などにかかる費用は非公開。今後用地の取得や土地調査など整備の準備を進める。

分譲の対象は投資意欲が高まっている製造業の工場や開発拠点、運輸業や卸売業の物流拠点などとする。近隣に北陸自動車道のインターチェンジがあり、交通の便の良さなどを強みとする。

山野市長は「設備投資が旺盛な時期にスピード感を持って取り組んでいきたい」と意気込みを語った。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報