/

この記事は会員限定です

介護の担い手 家族から社会全体に

高齢化先進国(2)

[有料会員限定]
 平成の30年は高齢化が一気に進み、介護のニーズが膨らんだ。介護を家庭だけに閉じ込めず、社会全体で支え合う。2000年の介護保険制度スタートは、大きな節目になった。だが少子化と人口減少、財政難で、新たな曲がり角を迎えている。

2000年4月1日、東京都豊島区の高齢者在宅サービスセンター「山吹の里」に小渕恵三首相(当時)が到着した。「国民の老後の不安を解消するための最大の対策」。そう介護保険制度のス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3868文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン