2019年1月19日(土)

公明幹事長、衆参同日選に「反対」明言

政治
2019/1/11 18:00
保存
共有
印刷
その他

公明党の斉藤鉄夫幹事長は11日のBS11番組の収録で、夏の参院選にあわせた衆院解散・総選挙について「反対していきたい」と述べた。同党の幹部が今年の衆参同日選挙の実施に反対を明言したのは初めて。「異なる意味をもつ衆院選、参院選を同時にやるのは国民にとって非常に混乱する」と語った。選挙に向けた組織力の分散を懸念している。

10月に予定する消費税率の10%への引き上げについては「経済の発展的成長には欠かせない社会保障体制を整備するのが今回の消費税増税だ。少々のことでは動じないでやらなくてはいけない」と強調した。

衆参同日選挙を巡っては、同党の山口那津男代表が6日のNHK番組で「できるだけ避けた方がいい」と話していた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報