2019年1月20日(日)

横浜市庁舎の跡地利用、「観光・集客」などテーマに

南関東・静岡
2019/1/11 22:00
保存
共有
印刷
その他

横浜市は11日、2020年6月の市庁舎の移転に伴う跡地利用について、活用事業者向けの募集要項を公表した。「国際的な産学連携」と「観光・集客」をテーマに、地域の活性化につながる提案を募る。建物は保存・活用を基本とするが、横浜らしい街並み景観の形成などが図れる提案については、解体も含めて公平に評価する。

現市庁舎は20年6月に移転する予定だ

現市庁舎はJR関内駅前にある。跡地利用の条件として、市が現市庁舎街区と近隣の横浜スタジアムを歩行者デッキで結ぶことや、周辺のアクセス向上のため歩行者や自転車が通れる道路を拡充することなどを盛り込んだ。

21日に募集に関する活用事業者向け説明会を開き、春以降、提案を7月19日まで受け付ける。審査は学識経験者などで構成する審査委員会が担い、応募者へのヒアリングなどを通じて評価する。事業予定者の決定は9月の予定だ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報