2019年3月25日(月)

ゴーン元会長、保釈はどうなる 否認で長期勾留も

ゴーン退場
2019/1/11 10:57 (2019/1/11 18:10更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(64)の勾留は50日を超え、海外メディアなどから長期の身体拘束に対する批判の声が出ている。ゴーン元会長の弁護人は起訴後、保釈を請求。裁判所の判断が注目される。

東京地裁では、公判が始まる前に保釈請求があった場合、「令状部」と呼ばれ逮捕状の発付などを担当している刑事14部がその可否を判断する。保釈に伴う条件や保釈保証金の額も決める。

ゴーン元会長の報酬過少記…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報