2019年3月21日(木)

トランプ氏の元顧問弁護士、来月に議会証言へ

トランプ政権
北米
2019/1/11 6:45
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエン被告が2月7日に議会下院での証言に応じることが10日、明らかになった。トランプ氏の不倫相手とされる女性に口止め料を支払ったり、同氏のロシアビジネスを推進したりした件に対し、野党・民主党が追及する見通しだ。

コーエン被告はトランプ米大統領の不動産ビジネスを長年にわたって支えた(18年12月、ニューヨーク)=ロイター

米メディアによると、コーエン被告は議会証言を通じて「事実関係について完全かつ信頼性の高い説明をする」と語っている。被告が2018年12月に有罪判決を受けた後に議会証言に応じるのは今回が初めて。被告は長年にわたってトランプ氏の不動産ビジネスを支えてきた。

コーエン被告は16年の米大統領選直前にトランプ氏の不倫相手とされる元ポルノ女優らに口止め料を支払い、トランプ氏の女性スキャンダルを防いだ。ニューヨーク検察によると、大統領選の共和党候補だったトランプ氏がこの支払いを指示した。口止め料は政治献金とみなされ、その合計額が選挙資金法が定める上限を超えた。民主党からはトランプ氏が共犯者にあたるとの見方があり、議会証言の焦点になる。

もう一つの焦点はロシアとの関係だ。コーエン被告はトランプ氏が主導したモスクワでのホテル事業を実現するためにロシア政府関係者と緊密に連絡を取り合っていた。あるロシア人からは大統領選に出馬したトランプ氏に対して「政治的な相乗効果」を持ちかけられた。トランプ陣営とロシアが大統領選で共謀した疑惑に関連し、民主党が問い詰める見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報