/

トランプ氏、中国と貿易合意「民主党よりも簡単」

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は10日、中国と進める貿易協議について「実際に中国と合意するのは、野党(民主党)と合意するよりも極めて簡単だ」と述べた。「国境の壁」建設費の予算計上を巡って民主党との交渉が難航するなか、同党の議会指導部より中国は交渉相手として「とても立派だ」とまで語った。

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に政府閉鎖問題について問われている際に中国に言及し「中国と交渉しており、大きな成功を収めている」と協議の進展をアピールした。その上で「率直に言って中国は口うるさいチャック(・シューマー上院院内総務)とナンシー(・ペロシ下院議長)よりもとても立派だ」と語り、米中協議は民主党との交渉よりも簡単に妥結できると主張した。

トランプ氏は2018年12月の米中首脳会議の後、手のひらを返したように中国との取引(ディール)に前向きな発言を繰り返している。

米中両政府は9日まで貿易問題を巡って北京で次官級協議を開いた。米国の農産品やエネルギーなどの輸入拡大で進展があったとみられるが、中国の知的財産侵害やサイバー攻撃など構造問題での解決は難しいとみられている。米国は中国と3月1日までに合意できなければ2千億ドル(約22兆円)分の中国製品に対する関税の税率を10%から25%に引き上げる構えだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン