スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里、初場所へ「焦りない」 13日初日

2019/1/10 22:59
保存
共有
印刷
その他

大相撲の横綱稀勢の里(32)が10日、進退のかかる初場所(13日初日、両国国技館)の出場を決めた。昨年11月の九州場所では横綱として87年ぶりとなる初日から4連敗を喫し、横綱審議委員会に「激励」を決議された。徳俵に足がかかった危機的状況は変わらないが、「非常に順調。あとは場所に臨むだけ」と本人は自信ありげだ。

すり足で調整する稀勢の里=共同

すり足で調整する稀勢の里=共同

本当に進退がかかっているのかと拍子抜けするほど、場所前はマイペース調整を貫いた。12月の冬巡業は全休。その後も適度に"休養日"を設け、三番稽古も多くて20番程度にとどめた。初日まで残り3日となった10日も出稽古せず、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋ですり足など軽めの運動で汗を流した。

だが、本人は「非常にいい稽古ができた。焦りもないし、思い通り(の状態)に近づいている」と強調する。さらに「稽古は色々ある。(マスコミは稽古の)番数が好きだし、偏りすぎている」とも。周囲の心配もどこ吹く風で、崖っぷちの悲壮感はない。

たしかに稽古を見る限り、一筋の光が差し込んでいるようにも映る。先場所は左差しにこだわるあまり自分の相撲を見失っていたが、立ち合いでしっかり踏み込み、馬力を生かして攻め込む相撲が戻ってきた。課題の右の使い方も、徹底して浅い前みつを引こうと努めている。押し合いで前傾姿勢を崩さず、腰高になる場面も減った。先場所までの反省を生かしている。

同部屋の大関高安との三番稽古では、駆け出しのころのように砂まみれになって向かっていった。ほぼ同期で相撲教習所に一緒に通った平幕琴奨菊と十両豊ノ島が出稽古に来たときは「昔を思い出しながら必死にやって楽しかった」とエネルギーをもらったようだ。

スタミナと相撲勘という不安要素は消えていないが、原点に立ち返って最大の難局を乗り越えようとしている。「自分を信じてやる」という言葉通り、15日間を戦い抜くしかない。(金子英介)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

秋巡業で稽古する白鵬。右は大栄翔(22日、高知県安芸市)=共同

 大相撲の秋巡業は22日、高知県安芸市で行われ、右手小指骨折で秋場所を途中休場した横綱白鵬は平幕大栄翔と8番取って全勝と順調な回復ぶりを示した。

 まわしを引いた右から投げを放つなど、患部を気にすること …続き (22日 17:48)

 大相撲で昭和の大横綱大鵬(故人)の孫で元関脇貴闘力の四男、埼玉栄高3年の納谷幸成(18)が16日、さいたま市の同高で大嶽部屋への入門を表明し「一生懸命努力して、ゆっくりでもいいので関取を目指して頑張 …続き (17日 20:49)

 13日に静岡県伊豆市で予定されていた大相撲秋巡業が、台風19号の影響で中止されることが12日、決まった。主催者が発表した。
 日本相撲協会広報部によると、巡業が原則的に屋内開催となった1995年以降、 …続き (12日 12:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]