2019年1月23日(水)

日産、取締役会の決議事項拡大 企業統治を強化

ゴーン退場
自動車・機械
2019/1/10 22:55
保存
共有
印刷
その他

日産自動車は10日、ガバナンス強化のために取締役会の決議を必要とする項目を拡大させると発表した。日産は元会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕を受けて、企業統治(コーポレートガバナンス)の強化を進めている。2018年12月に設立したガバナンス改善特別委員会が今年3月末までに結論を出す予定で、それまでの暫定的な報酬や人事などの決定方法についても確認した。

同日開催した取締役会で決議した。3月末までは社外役員3人が報酬案や人事案をチェックして取締役会で決議する。4月以降は、ガバナンス改善特別委員会の提案をもとに、ガバナンス体制を抜本的に見直す。

同日の取締役会では、ゴーン元会長の不正行為に関する社内調査の追加報告があったほか、資本関係にある仏ルノーとの企業連合についても「重要性を改めて確認した」としている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報