/

この記事は会員限定です

持続可能な都市、京都市がトップ 本紙調査

[有料会員限定]

日本経済新聞は国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」の観点から全国の815市区を評価し、ランキングをまとめた。首位は京都市で、公共交通を優先させる政策でエネルギー消費量を削減していることなどが評価された。2位は市内企業と組み、環境技術の輸出に注力する北九州市だった。(「日経グローカル」355号に詳報)

2018年10~11月、環境対策や交通政策など都市のサステナビリティー(持続可能性)を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1011文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン