/

この記事は会員限定です

医療イノベーション 国循と10社・1大学 「健都」が担う

[有料会員限定]

国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)が7月に「北大阪健康医療都市(健都)」(吹田・摂津市)に移転する。新しい施設の目玉が企業・大学と新薬や治療機器などを開発する共同研究ラボで、臨床試験(治験)ができる病院と「ひとつ屋根の下」で早期の実用化を目指す。2025年の国際博覧会(万博)の大阪開催が決まり、健都は関西の先端医療の中核拠点として期待が高まる。

移転まで半年となり、10階建て病院棟と6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン