2019年8月22日(木)

伊勢市が神宮参拝呼び掛け 政教分離指摘で旗撤去

2019/1/10 19:32
保存
共有
印刷
その他

伊勢神宮がある三重県伊勢市などでつくる任意団体が、天皇陛下の退位などに合わせて国民全体に同神宮への参拝を呼び掛けるような内容ののぼり旗を市役所前などに掲げ、「憲法の政教分離の原則に反する」との指摘を受け撤去していたことが10日、市への取材で分かった。

国民に伊勢神宮参拝を呼び掛けるような内容ののぼり旗(伊勢市提供)=共同

市によると、のぼり旗は市や伊勢商工会議所などが設立した任意団体「御大礼奉祝委員会」が、陛下の退位や皇太子さまの新天皇への即位を祝う目的で500本作製。「平成感謝 国民総参宮」との文字が書かれ、昨年末から市役所や商工会議所前、神宮の最寄りの近鉄五十鈴川駅などに計59本を設置した。

市は委員会の活動費として298万円を負担している。

今月8日に記者会見で指摘を受けた鈴木健一市長が「誤解を招きかねない表現で不適切だった」として撤去を指示、同日中に全てが撤去された。

市の担当者は「市として特定の宗教を優遇する意図はなかったが、今後は政教分離を意識しながらどのような活動を行うか考えたい」と話している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。