2019年1月23日(水)

原油、NY先物50ドル回復 米中貿易協議進展に期待

環境エネ・素材
2019/1/10 17:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原油価格が反発している。アジア市場の指標となる中東産ドバイ原油のスポット価格は10日、1バレル59.80ドル前後と1カ月ぶり高値をつけた。ニューヨーク先物は1バレル50ドル台を回復。米中貿易協議の進展への期待や、サウジアラビアの減産観測で買いが先行した。株価が下げ止まり市場心理が改善するなか、石油輸出国機構(OPEC)の減産も相場を下支えしている。

ニューヨーク市場のWTI(ウエスト・テキサス・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報