2019年5月22日(水)

合意なきEU離脱「回避を」 安倍首相、英首相に要請へ

2019/1/10 20:00
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=三木理恵子】安倍晋三首相は10日午後(日本時間11日未明)、英国のメイ首相とロンドンの首相官邸で会談した。3月末に予定する英国の欧州連合(EU)離脱がEUと条件などで折り合えない「合意なき離脱」とならないよう働きかけ、英国進出の日系企業への配慮を求める。経済や安全保障分野での2国間協力の拡大も議論する。

 会談前に握手する英国のメイ首相(左)と安倍首相=10日、ロンドン(共同)

会談前に握手する英国のメイ首相(左)と安倍首相=10日、ロンドン(共同)

首脳会談に先立ち両首相は10日、ロンドン郊外のトゥイッケナム競技場で昼食をともにした。その際に安倍首相からメイ首相に、EU離脱による世界経済への影響が最小限となるよう対応を促す。安倍首相は「透明性、予見可能性、移行期間設置による法的安定性の確保が不可欠だ」などと伝える見通しだ。

メイ首相は2018年末から延期していた英・EU間の離脱協定案の議会採決を来週実施する方針だ。協定案への与野党からの反発は根強く、承認のメドは立っていない。安倍首相は関税や輸出入の取り決めがないままの離脱を避けるべきだとの考えを表明する。

2国間の新たな経済連携のあり方も意見交換する。英国は日本との自由貿易協定(FTA)や環太平洋経済連携協定(TPP)に関心を示しているとされる。安倍首相は歓迎の意思を伝える見込みだ。これらの通商交渉は英国がEUを離脱した後に可能となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報