2019年3月27日(水)
スポーツ > Go20 > スペシャル > 記事

スペシャル

フォローする

北島康介さん、スポンサーと「東京」盛り上げる
経営者として五輪に挑む(6)

2019/1/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

 2014年から東京都水泳協会の理事(18年に副会長)を務め、15年に「KOSUKE KITAJIMA CUP(北島康介杯)」がスタート。運営の一端を自社で請け負い、大会公式キャラクターは「くまモン」デザイナーの水野学氏に依頼した。スポンサーチームが北島康介さんも出る「ドリームチーム」に挑むリレーも実施。18年秋は池江璃花子、萩野公介の両選手も加わった。

都水協から「名前を冠した大会をしたい」という話を頂いたのが始まりです。生まれも育ちも東京、恩返しできたらいいなと思った。子供から日本代表まで参加でき、外国選手も出場できる大会を作りたかった。

強い選手の名前を知るだけでなく、もう一歩踏み込んだ見方を知ると、もっと東京五輪を楽しめる。多くの人に関心を持ってもらえるよう、CGを使ってプールに光を差し込みたい。これからの時代、いろんな面白いことができそうです。今は体を張るくらいしかできないものの、スポンサーとのレースは年々盛り上がっています。

北島康介杯のリレーに参加し、笑顔を見せる大会委員長の北島さん(2018年11月、東京都江東区)

北島康介杯のリレーに参加し、笑顔を見せる大会委員長の北島さん(2018年11月、東京都江東区)

ここ数年、オフシーズンの大会は劇的に増えた。選手たちが同じ仲間と同じプールで1万メートル泳ぐ毎日は、肉体的にも精神的にもしんどい。日々どう乗り切るか考えている。ある意味、試合より苦しい。試合は一瞬、そんな日常から脳みそを解放できるし、試合をこなすことで本番で力を出すコツもつかめる。運営側としては、「北島康介杯」を、選んでもらえる大会、子供が出たいと思う大会にしないといけない。日本記録に10万円、世界記録に100万円、大会MVP(男女各1人)に50万円の賞金を出しています。

 東京五輪に向け、日本コカ・コーラでCOO(チーフ・オリンピック担当オフィサー)を務める。五輪のための活動も忙しくなるだろう。

早くも有力選手を「金メダル候補」と盛りあげていますが、騒ぎすぎです。東京五輪のレベルが見えてくるのは今夏以降。競泳で金となると、そう甘くはないと現場は感じていると思う。我が社の五輪金メダリスト、萩野選手ももがいています。ですが、そろそろ東京でどんな泳ぎをするのか、そのイメージを具体化させていることでしょう。

平井伯昌コーチの下にいると僕と比べられて鬱陶しいはず。全力でサポートしますが、スタート台に立ったら誰の力も借りられない。最終的には僕らも「おまえ、頑張れよ」というしかない。その点、選手は孤独です。今は注目されて笑顔の選手も、五輪が近づくにつれ、そうもいかなくなるはずです。

今、五輪の運営で様々な意見が出ています。主役は選手ですが、大会を盛り上げ、選手が活躍しやすい環境づくりにスポンサーの力は欠かせません。最初に僕を引っ張り上げてくれたスポンサーと共に、一役買いたい。

「4年遅く生まれれば(自分も挑戦)」と思ったこともある。それは一瞬、故郷に五輪が来るうれしさで悔しさは吹っ飛んだ。五輪はマジですごい。冷めた目で見ている人ほどのめり込むと思います。=おわり

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
大野(右)は五輪連覇を狙う=共同共同

 五輪競技のなかでも有数の厳しい代表争いとなるのがお家芸の柔道。金メダルを狙える柔道家が各階級に複数居並ぶなか、本番の畳に上がれるのは1人ずつの狭き門だ。男子73キロ級はリオデジャネイロ五輪金メダルの …続き (3/14)

鈴木は「以前より楽にスピードが出る」と、フォームへの手応えを感じる

 初マラソンに選んだ2018年8月の北海道をトップで駆け抜けた時、去来したのは安堵感だった。「ラスト10キロは力を入れようにも、筋がピキってなるんじゃないかと怖かった。ああ、自分でも走れたって」
 長く …続き (3/13)

瀬戸の泳ぎはこの1年で力強さと伸びやかさが増した

 12日で開幕まで500日となった東京五輪に向け、この春から各競技で代表切符を巡る争いが本格化する。金メダル30個を目標に掲げる日本選手団の一員として大舞台に立つために、熱く、厳しい戦いが待っている。 …続き (3/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]