2019年9月23日(月)
スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

北島康介さん、スポンサーと「東京」盛り上げる
経営者として五輪に挑む(6)

2019/1/11 6:30
保存
共有
印刷
その他
2014年から東京都水泳協会の理事(18年に副会長)を務め、15年に「KOSUKE KITAJIMA CUP(北島康介杯)」がスタート。運営の一端を自社で請け負い、大会公式キャラクターは「くまモン」デザイナーの水野学氏に依頼した。スポンサーチームが北島康介さんも出る「ドリームチーム」に挑むリレーも実施。18年秋は池江璃花子、萩野公介の両選手も加わった。

都水協から「名前を冠した大会をしたい」という話を頂いたのが始まりです。生まれも育ちも東京、恩返しできたらいいなと思った。子供から日本代表まで参加でき、外国選手も出場できる大会を作りたかった。

強い選手の名前を知るだけでなく、もう一歩踏み込んだ見方を知ると、もっと東京五輪を楽しめる。多くの人に関心を持ってもらえるよう、CGを使ってプールに光を差し込みたい。これからの時代、いろんな面白いことができそうです。今は体を張るくらいしかできないものの、スポンサーとのレースは年々盛り上がっています。

北島康介杯のリレーに参加し、笑顔を見せる大会委員長の北島さん(2018年11月、東京都江東区)

北島康介杯のリレーに参加し、笑顔を見せる大会委員長の北島さん(2018年11月、東京都江東区)

ここ数年、オフシーズンの大会は劇的に増えた。選手たちが同じ仲間と同じプールで1万メートル泳ぐ毎日は、肉体的にも精神的にもしんどい。日々どう乗り切るか考えている。ある意味、試合より苦しい。試合は一瞬、そんな日常から脳みそを解放できるし、試合をこなすことで本番で力を出すコツもつかめる。運営側としては、「北島康介杯」を、選んでもらえる大会、子供が出たいと思う大会にしないといけない。日本記録に10万円、世界記録に100万円、大会MVP(男女各1人)に50万円の賞金を出しています。

 東京五輪に向け、日本コカ・コーラでCOO(チーフ・オリンピック担当オフィサー)を務める。五輪のための活動も忙しくなるだろう。

早くも有力選手を「金メダル候補」と盛りあげていますが、騒ぎすぎです。東京五輪のレベルが見えてくるのは今夏以降。競泳で金となると、そう甘くはないと現場は感じていると思う。我が社の五輪金メダリスト、萩野選手ももがいています。ですが、そろそろ東京でどんな泳ぎをするのか、そのイメージを具体化させていることでしょう。

平井伯昌コーチの下にいると僕と比べられて鬱陶しいはず。全力でサポートしますが、スタート台に立ったら誰の力も借りられない。最終的には僕らも「おまえ、頑張れよ」というしかない。その点、選手は孤独です。今は注目されて笑顔の選手も、五輪が近づくにつれ、そうもいかなくなるはずです。

今、五輪の運営で様々な意見が出ています。主役は選手ですが、大会を盛り上げ、選手が活躍しやすい環境づくりにスポンサーの力は欠かせません。最初に僕を引っ張り上げてくれたスポンサーと共に、一役買いたい。

「4年遅く生まれれば(自分も挑戦)」と思ったこともある。それは一瞬、故郷に五輪が来るうれしさで悔しさは吹っ飛んだ。五輪はマジですごい。冷めた目で見ている人ほどのめり込むと思います。=おわり

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
女子57キロ級で優勝し、肩車で日の丸を掲げる川井梨紗子=共同共同

 「安心した部分と悔しい部分が複雑で……」。苦戦続きの日本女子チームを救った安堵と思わぬ追い上げにあったふがいなさと。ないまぜになった感情があふれ、川井梨が涙声を震わせた。
【関連記事】女子76キロ級・ …続き (9/19)

伸び盛りの白石黄良々(左)は世界選手権の男子400メートルリレーで2走に配置された=共同共同

 27日に開幕する世界選手権で楽しみな種目は多いが、やはり男子400メートルリレーへの期待は高い。土江寛裕・五輪強化コーチが公表した走順を見ると、思い切った面白い采配をしてきた印象だ。
 面白いとは、伸 …続き (9/20)

鈴木は暑熱対策を怠らず、給水の中身も工夫。「ほぼ出来上がっている」と調整に自信を見せる(8月の日本代表合宿)=共同共同

 陸上の世界選手権が27日、ドーハで開幕する。男子短距離や400メートルリレーと並んで日本陸連から「ゴールドターゲット」に位置づけられ、メダル争いができる強豪へと地位を高めているのが競歩陣だ。日本人最 …続き (9/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。