/

この記事は会員限定です

八十二銀の湯本頭取 「総合金融業に転換必要」

平成からのバトン 次代へ(4)

[有料会員限定]

――金融業界から見た平成の信州は。

「冬季五輪の開催が他の都道府県と最も違う点だ。ただ逆にその後のツケが一気に来た。特にITバブルの崩壊で倒産が相次いだ」

「リーマン・ショック後は金融情勢は安定しているものの、金利が低下して収益は厳しい状況になった。事業所数も減り、県内総生産は伸びなくなった。特にこの20年、長野県の金融機関は他県と比べて厳しかった。県内で金融危機がなかったのはそれ以前の蓄積と、そ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1067文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン