ITで睡眠改善、新興勢が照準 大企業がユーザーに

2019/1/14 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

睡眠の質や量をIT(情報技術)で改善する「スリープ(睡眠)テック」を手掛けるスタートアップ企業が増えている。機器やスマートフォン(スマホ)のアプリで集めたデータを基に、就寝時間や生活習慣を指南する。社員の睡眠不足は生産性の低下につながるとして大企業が導入する例が増加しており、商機が広がっている。

■就寝時間、個別にアドバイス

睡眠関連のコンサルティングを手掛けるニューロスペース(東京・墨田)は4月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]