北陸の金融 人脈で顧客つかむ 続く超低金利、脱「自前」
北陸30年 その先へ(6)

2019/1/11 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

超低金利の長期化で厳しい収益環境にある北陸の金融機関。人口減や少子高齢化という構造問題も念頭に置き、ビジネスモデルの大胆な見直しを迫られつつある。ポイントは顧客のニーズをきめ細かく把握し、従来にない事業機会を創出できるか。金融の枠にとどまらない情報やネットワークが活路を開く。

富山県氷見市で放牧による養豚施設「ぶーぶーファーム」を営む北二(北林延元社長)が近く、北海道の帯広畜産大学と連携した品質…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]