/

この記事は会員限定です

勤労統計調査ミス、長期放置か 復元加工は昨年分のみ

[有料会員限定]

賃金や労働時間を示す毎月勤労統計で不適切な調査が行われていた問題で、厚生労働省が実態の調査結果に近づける新たな復元加工を実施したのが2018年1月分からだったことが分かった。これより以前は加工していないとみられ、長期にわたって放置していた可能性が高い。

同統計は厚労省が都道府県を通じて事業所を調べ、公表している。調査対象は全国3万超の事業所。従業員5~499人の事業所は抽出して調べるが、同500人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り242文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン