/

この記事は会員限定です

FRBで「ハト派」色鮮明 円じわり上昇、107円台に

経済部 浜美佐

[有料会員限定]

外国為替市場でドルが下落し、円が再びじりじりと上昇してきた。シカゴ連銀のエバンス総裁ら複数の米金融当局者による「ハト派」的な発言に加えて、連邦公開市場委員会(米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨でも追加利上げに対する慎重姿勢が示されたことが背景にある。これを受けて、ドルは主要通貨に対して下落。対円では1ドル=107円台後半と、4日以来の円高・ドル安水準を付けた。

「物価上昇懸念が薄いタイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン