2019年7月22日(月)

地震の備え、阪神に学ぶ 東京・消防博物館で企画展

2019/1/10 12:35
保存
共有
印刷
その他

東京消防庁の消防博物館(東京・新宿)で、1995年の阪神大震災を振り返る企画展が開かれている。博物館と防災学習施設「人と防災未来センター」(神戸市)の共催で、当時の写真や再現映像などを展示。担当者は「今年で24年だが、震災の記憶を風化させないでほしい」と強調する。

たんすの下敷きになって壊れた目覚まし時計(下)などが展示された企画展(8日、東京都新宿区の消防博物館)=共同

大規模に倒壊した家屋やビルの写真が展示されているほか、被災した男女7人へのインタビュー映像も上映。当時、たんすの下敷きになって針が発生時刻の5時46分で止まったままの目覚まし時計も並ぶ。

1歳と4歳の息子と訪れた東京都練馬区の保育士の女性(31)は「地震はいつ来るか分からないので、日々の備えを改めて見直そうと思った」と話した。企画展は2月3日まで。消防博物館は毎週月曜が休館日で、祝日の場合は翌日が休みとなる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。