2019年1月22日(火)

ゴーン元会長が発熱 「安静必要」との診断

ゴーン退場
社会
2019/1/10 11:55
保存
共有
印刷
その他

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の特別背任事件で、弁護人は10日、ゴーン元会長が9日夜から高熱を出していることを明らかにした。医師は「安静が必要で取り調べや接見はできない」と診断し、弁護人との10日午前の接見も中止になったという。

勾留期限の11日に東京地検特捜部がゴーン元会長を会社法違反(特別背任)の罪で起訴し、4度目の逮捕がなかった場合、弁護人は即日、東京地裁に保釈を請求する意向を示している。

ゴーン元会長は8日に同地裁で開かれた勾留理由開示に出廷し、「私は無実です」「不当に勾留されている」などと意見陳述した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報