/

一龍斎貞鳳さんが死去 講談師、元参院議員

テレビ界の草創期に人気番組「お笑い三人組」で活躍し、参院議員も務めた講談師の一龍斎貞鳳(いちりゅうさい・ていほう、本名=今泉正二=いまいずみ・しょうじ)さんが2016年12月27日、脳梗塞のため死去していたことが分かった。90歳だった。本人の希望で公表していなかったが三回忌を終えたのを機に遺族が明らかにした。

一龍斎貞鳳さん=共同

1938年、五代目一龍斎貞丈に弟子入りし、54年に真打ち。56~66年に放映されたNHKのコメディー番組「お笑い三人組」で三遊亭小金馬(現金馬)さん、故三代目江戸家猫八さんとのトリオが好評を博した。

71年参院選に自民党から全国区で出馬し当選。1期を務め、国立演芸場の設立などに尽力した。政界引退後は評論家として活動していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン