ベネズエラ、インフレ率169万%に

2019/1/10 5:47
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】南米ベネズエラの議会は9日、2018年12月の物価上昇率が年率169万8488%だったと発表した。マドゥロ大統領は10日に2期目の就任式を予定しているが、米国が追加経済制裁を発動するなど圧力を強めている。経済立て直しのメドは立たず、ハイパーインフレが沈静化する兆しはない。

インフレにより値上げを繰り返している、路上のコーヒー売り場(9日、カラカス)=ロイター

月間の物価上昇率は141%だった。11月か微減したものの、依然として物資や外貨不足により、物価上昇が止まらない状態が続いている。国際通貨基金(IMF)は19年中にインフレ率が年率1000万%に達すると予測している。

米政府は8日、ベネズエラ政府の元高官らが違法な為替取引で裏金を捻出していたとして、これらのスキームを封じる追加経済制裁を発動した。原油生産が落ち込み経済低迷が続くベネズエラ政府にとり、さらなる打撃となりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]